腕時計のこれらの知識を分かりました原理機械式ウォッチ

クォーツ・ウォッチと機械式ウォッチ違い(白(さん)が入門する)

みんなはこんなに多い年表をつけて、たくさん人はやはり(それとも)機械式ウォッチとクォーツ・ウォッチを区分できません。常にこような言い方を耳にします:“機械式ウォッチがクォーツ・ウォッチより良い”“こ2種類時計を区分して値段がを見ます。”一体こようなではありませんか?あなた5時(点)を教えて、すぐしてクォーツ・ウォッチと機械式ウォッチ違いをわかります。

1、原理:機械式ウォッチはぜんまい箱に頼って(寄りかかって)エネルギーを保存してそして駆動して幸運で、クォーツ・ウォッチは電池に頼って(寄りかかって)石英モーターに駆動して幸運にに来ます。ひとつはすべて機械系で、もう一つ個核心は電子システムです。

2、精密で正確です:言ったは少し分かりやすくて、クォーツ・ウォッチが幸運だが機械式ウォッチより正確です。普通なスイス機械式ウォッチ毎日誤差は30秒左右、スイスクォーツ・ウォッチ毎月誤差は15秒左右、換算して下りてくるは毎日0.5秒頃です。クォーツ・ウォッチ幸運な秒針は1格が跳ぶとで、機械式ウォッチが幸運だは連続して中断して行かないです。

3、操作します:機械式ウォッチとクォーツ・ウォッチは調子学校時間方面で基本的で一致してで、異なる場所は、手動機械式ウォッチがそ動力が釈放し終わる前に腕時計にで手動で鎖に行かなければならなくてそれが正常に運営するを確保します;自動機械式ウォッチは1人当たり毎日計略部イベント情況によって異なり一定時間をつけなければならなくて、そうでなければ因手部イベントが足りないができて、ぜんまい箱動力が不足を貯蓄して止まっていきをもたらして、幸運で手動で鎖に行かなければならないを止めて手ために動力を提供するがいに来ます。

4、外観:普通だ状況で、機械式ウォッチ厚さは少し厚くて、クォーツ・ウォッチ厚さは少し薄いです。機械的なチップ様々な制限がなくて、石英チップはあるいはしたが更に薄いが更に小さいことができて、これで腕時計外形設計もっと多い発揮空間にあげました。

5、価格:2モデル腕時計材質、機能、設計で同じ状況で、機械式ウォッチ売価は普通は一区切りぬきんでます。それ以外に、機械式ウォッチは定期吸収油が保護するが必要で、保護して費用に養生する比較的大きいです。

6、腕時計底部文字を観察してから判断することができて、もしも刻んでQUARTZがあるで、説明はクォーツ・ウォッチで、もしも刻んでAUOMATICがあって、説明は自動機械式ウォッチです。腕時計コピー秒針動きから機械式ウォッチとクォーツ・ウォッチを区別することができても、もしも腕時計秒針は1秒に一回脈打って通行するでしたら、それはこれはクォーツ・ウォッチで、もしも脈打たないで通行して、連続して行き来するで、それはこれは機械式ウォッチです

腕時計はどうする水がありますか?(プレーヤーが進む)

方法1、腕時計は水が湿らせた後ににようです、何層トイレットペーパーを使えてあるいは湿っている綿フランネルを吸い込んで表しを厳密にきつく包みやすくて、40ワット電球近く約15センチメートル所に置いて、約30分時計内で、水蒸気良い水息を火であぶります。腕時計時計を火が間近で直接火であぶりにだましをぜひ避けねばならないで、時計熱変形を受けないようにします。

方法2、蒙朝内で表しを、底殻が外に向かう、反対に計略上でつけて、2時間以降に水息はすぐ取り除くことができます。もしも水が入るがひどくて、直ちに時計店に油(脂)を拭きを送る方がよくて、チップ水分を一掃して、部品がさびるを免れます。

方法3は、顆粒状シリカゲルですでに地面にたまった水腕時計とと一緒に1つ密閉した容器内に入れて、数時間以降に、腕時計を取り出して、地面にたまった水はすぐすべて消えてなくなります。こ法簡単な経済、ペアウォッチ精度は寿命といかなるはすべて損なわません。すでに何度も水後シリカゲルを吸い込んで、しかし120℃下で数時間乾燥して、吸水度は再生することができて、さらに繰り返し何度も使います。

腕時計これら知識を分かってもう私を言う人はいないで腕時計を知りませんでした

腕時計はどうすることを許しませんか?腕時計は原因を許しません(専門家ランク)

1、駆動装置故障、ダイレクトパス式伝動する形式中で、こくに分けて中心車輪部品が管理する、中心車輪回転時摩擦力に頼る車輪に分けるを動かして引き続きいっしょに回転します。駆動装置が故障が起きる時、ポインターが行き来するに影響します。メンテナンス方法はこくに分けて改めて中心で部品に順番に当たって管理するでしょうで、摩擦力を減らします。

2、偏っている2ラウンド式故障、偏っている2ラウンド式3ラウンドは伝動する形式を出力して、板弾力性に順番に当たって一部が分車輪溝中ではめ込みに分けて、チーム成分は部品に順番に当たって、板に順番に当たって車輪摩擦に分けると組み合わせるに分けて長い時間で内で緩さが適するを維持するを求めます。

3、頭は故障に順番に当たって、最初車輪出力伝動する形式中で、普通に2つをこくに分けていっしょにいて、対になって車輪に分けるを構成して、ポインターをももたらしやすくて落ちます。上車輪とバックギア板に分けてかみ合って、下車輪と頭に分けて(すぐ箱車輪)に順番に当たってかみ合うべきです。

腕時計これら知識を分かってもう私を言う人はいないで腕時計を知りませんでした!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です