機械式ウォッチがどうして問題を出して 自動巻き原理

自動巻き原理

自動巻きは電池を使わないで、多少持って手動でねじをまいたで、多少持たないで、しかしやはり(それとも)最も良い手動でねじをまいたがあります。普通だぜんまい十分補充したが状況で30時間連続運転ことができる左右、チップが決めるを見ます。老人はと常に事務室に座っておよび運動する少し者が最も適当ではなくこ種類腕時計をつけて、こようなで状況で、つける者に定期的にあげる手動上弦を提案します。自動機械的な時計は常温下で、24時間誤差は±60秒で者は正常な誤差です。自動機械的な時計が腕がに揺れ動くなければならないに頼って(寄りかかって)ため自動上弦、だから毎日必ず配合して少なくとも8時間以上つけなければならないそして運動量を並べる十分な腕があって、時間単位計算がようやく正確なことを確保することができます。

腕時計がエネルギーに運行するはに頼って(寄りかかって)ぜんまい弾力が提供したで、ぜんまいを十分補充する時、そ力モメントがわりに大きくて、腕時計が運走するに従って、ぜんまいが出すが緩くて、そ力モメントも次第に減少します。腕時計はぜんまいをしっかり付けてから24時間こ時間まで(に)、そ力モメント出力は安定でで、こ時幸運だもも比較的精確で、誤差が小さいです。24時間を上回った後に、ぜんまい力モメントはせわしい下落ができて、幸運な誤差は増大します。腕時計が幸運だが更に正確なことを確保するため、だから毎日定時にぜんまいを十分補充します。自動機械的な時計原理を理解してそ自動機構を理解するが必要で、自動機構は重い金槌(自動的に振り子陀)から揺れ動いて、自動上條輪列ともと動係を通じて(通って)関わって自動上條こ特殊な機能を実現します。

機械式ウォッチがどうして問題を出して 自動巻き原理
自動巻き手巻きと違い

自動巻きは機械的な時計中です。機械は表して通常下記に2種類分けることができます:手は鎖に行っておよび、自動的に2種類鎖腕時計に行きます。こ機械的な動力出所は全てチップ内ぜんまいに頼って(寄りかかって)動力なるで、歯車を動かして1歩進んで針を推進して、ただ動力出所方法は異なりがあります。手ねじをまく機械が表すはひじ掛けに従って動力を行うで、チップ厚さ比較的普通な自動的にねじをまく時計は少し薄くて、比較して言うと腕時計重さは軽いです。自動的に精錬する腕時計に行って、チップ自動回転円板左右動力が発生してぜんまいに駆動しに来たに揺れ動きを利用するで、しかし比較して言うと腕時計厚さは手ねじをまく時計より少し大きいです。

機械的に半自動式ですべて自動違いを表します:自動的に機械的な説明する駆動自尊心を持つ金槌(すぐ自動的に振り子陀)、1組自動輪列を通じて(通って)自動上條駆動装置で、腕を通じて(通って)揺れ動いて自動的にねじをまきます。自動巻き腕時計採用した重い金槌が自動的に上條学部掛り位置とと違うため、しかし自動的に機械的な説明する構造を4種類タイプに区分して以下になります:(1)式一方上條(2)に揺れ動いて式双方向上條(3)回転する式一方上條に揺れ動いて(4)回転する式双方向上條に動きます。式自動的に重い金槌に揺れ動いて時計機械中で120°ぐらいを行って揺れ動くことしかできなくて、半自動式ため。回転する式自動的に重い金槌は時計機械中で360°をして回って中継輸送することができて、完全が自動と語って、これは半自動式であるです自動巻き原理と。

自動巻きぜんまい動作原理

ぜんまいは腕時計チップもと動係中で最も重要な部品で、もと動係は以下を含む:ぜんまい箱、ぜんまい箱は、軸とぜんまいをかぶせます。普通な手上弦腕時計ぜんまい構造とと違い、自動巻き腕時計ぜんまいは“尾かぎ”がなくて、そためそれは箱内壁上で掛けるがでもありません。それは実際にはぜんまい後部にある1本“副ぜんまい”があって、電流点溶接方法を使ってそれと全体ぜんまいをつながって1全体になります。自由状態下で、ぜんまいはS形を呈して、“副ぜんまい”ひずみ方向とぜんまいは相反して、そためそれは反対に膨張する力があります。“副ぜんまい”幅は少し狭くてぜんまいで、しかし厚さは比較的大きくて、大体ぜんまい1.5倍で、長さはほぼ約箱インナディスク一サークルにあることができます。

ぜんまいが皿に箱内に入られる時、“副ぜんまい”は箱内壁が1つ膨張する力をあった摩擦が発生するに対して、腕時計スーパーコピーぜんまいが終わられるが全面的にきつい時、“副ぜんまい”と箱内壁は発生して空回りします。そため自動巻き腕時計ぜんまいは2つ力モメント指標があって、ひとつはいっぱいな弦力モメントで、もう一つ個はぜんまい空回りする力モメントです。ぜんまい空回りする力モメントは必ずいっぱいな弦力モメントより大きくなければならなくて、自動ぜんまいが十分補充することができるを確保します。ぜんまい空回りする力モメント大きさはとても重要で、必ず適切でなければならなくて、もしも大きすぎて、軽いもたらして腕時計現れます“振り子を打つ”現象(いわゆる“振り子を打つ”並べる車輪左右する揺れ動く幅大きすぎる、車輪衝撃を並べて反対ぶつかってたとえばつ口アウトサイド現象でも)を捕らえるを打つさせて、ひどくなったはまた(まだ)自動上弦歯車を壊しが。空回りする力モメント減寸は腕時計継続幸運で長さ足りないで、ストップ・ウォッチをもたらしやすいです。

腕時計中に2つが弾力性協力する摩擦に頼って(寄りかかって)機関を離れるがあります:ひとつは分けていて順番に当たるで、それは腕時計を解決して針を動かして幸運なベルト針とと違い必要です;もう一つ自動ぜんまい。だから自動的に表してもしも手でねじをまいて、それは永遠に“十分に補充できない”で、いったん上弦力モメントはぜんまい空回りする力モメントより大きかったら、そんなに“副ぜんまい”は箱壁と空回りして離れるが発生して、“副ぜんまい”は頑張って非常に重んじて、普通は濃密な膏質油(脂)にくっつくであるいは黒色2硫化モリブデンで、油(脂)量は厳格に制御しなければならなくて、そ上、たとえ1ただ完全なだけ腕時計に頑張ってきれいに洗う時としても、ぜんまい箱も開けるべきでありません。(ぜんまい切れる故障以外)だからたくさん腕時計箱を輸入して標識に順番に当たってあるいはいっそことつくって式を解体してはいけない自潤滑マークがあるあって、あなたが開けるを許しません。“副ぜんまい”空回りする力モメントは腕時計輪列力モメントが出力するに対して比較的大きい影響があって、それは直接振幅高低に影響して、安定空回りする力モメントため、たくさん腕時計はまだ箱内壁上グルーブをしています。

自動巻き腕時計は理論上から手上弦正確なを比較するべきで、それではため腕時計そぜんまい基本をつけているがいっぱいべきで、しかし前提は人運動量が十分だです。そため老人、病気弱い人、いつも坐っていて働く人はすべて自動巻き腕時計をつけるに適しないです。運動量不足したは手上弦方法を使うに頼って(寄りかかって)ぜんまいを補充しに来ることしかできなくて、しかしもしも1匹標識に手上弦で開いてぜんまいに足りる“AUTOMATIC”腕時計があったら、確かに比較的気がふさぐ事もです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です